印刷する
標準
文字サイズ

暮らしのトレンドマガジン「ヨムーノ」が 500万UUを突破!

2018年11月13日 株式会社オウチーノ

株式会社オウチーノが運営する暮らしのトレンドマガジン「ヨムーノ」は、2018年10月、月間ユーザー数500万UUを超え、523万UUになりました。

ヨムーノは、暮らし・住まいに関する多様なトレンドと本当に役立つノウハウを、専門家・得意分野を持つ主婦インフルエンサーや公式インスタグラマー「ヨムーノメイト」とともに発信しています。20〜40代の主婦に多く利用いただいており、ユーザーの7割が女性、7割が25〜44歳となっています。

また合わせて、「2018年トレンド商品ランキング」も発表しました。全国のヨムーノライターが毎日発信するリアルな情報の中から、特に話題沸騰し、反響が高かった話題のショップ&アイテムをヨムーノ編集長がご紹介します。

ヨムーノ:https://www.o-uccino.jp/article

ヨムーノのUU推移

ヨムーノは生活関連メディアとしての伸長が著しく、月間ユーザー数は、前年同月比で40倍に成長しました。

月間ユーザー数推移

ヨムーノの特徴

1.専門・得意分野を持つインフルエンサーが執筆

建築士、ファイナンシャルプランナー、整理収納アドバイザー、料理家のほか、雑誌等でも掲載された経験があり得意分野を持っているインフルエンサーや、インスタグラマーで数万人のフォロワーを持つ主婦たちがヨムーノに参加してくれています。

【ヨムーノライターのご紹介(一部)】

  • つくもはる

    100均パトロールが習慣の100均マニア。インスタフォロワー数は約1.8万人。夫と3人の子どもとの5人家族。100均グッズやプチプラグッズを使った、インテリアやテーブルコーディネートを紹介しています。
    『ESSE』『サンキュ!』『日経WOMAN』など女性向け生活情報誌に多数掲載される他、webメディア『ESSE-online』『LIMIA』『macaroni』『NOSH』『folk』などでも執筆中。

    つくもはる
  • usagi works

    一級建築士。同じく一級建築士の夫と、娘、息子の4人家族。夫婦で設計した、こだわりの二世帯住宅に住んでいます。インテリアや収納に日々試行錯誤しながら、心地よいおうちを目指し中。インスタフォロワー数は約1.9万人。住まい、インテリア、収納など日々の暮らしをブログとインスタグラムにて綴っています。

    usagi works
  • 大木聖美

    整理収納アドバイザーとして講師の資格も持つ。夫と子ども2人との4人家族。セミナー講師やお片付けサービス、コラム執筆などを行いながら、日々の暮らしがラクになるお片付け情報や、無印・イケアの商品紹介、掃除・買い物のコツなどを発信しています。
    書籍『スッキリ心地よく暮らす プロ5人のおうち収納テク』『整理&収納のコツ124』の他、雑誌『オレンジページ』『ESSE』『日経Woman』『女性セブン』『&home』『Aera with Kids』など、合わせて100誌以上に掲載。webメディアへの掲載も多数。

    大木聖美

2.公式インスタグラマー「ヨムーノメイト」が投稿する主婦のリアル情報

暮らしを楽しむくふうやアイデアを日々実践している主婦インスタグラマー135名(2018年11月13日現在)が、「ヨムーノメイト」としてヨムーノを盛り上げてくれています。
収納やインテリア、ファッション、グッズやショップ情報、おうちごはんなど、週ごとに様々なテーマでインスタグラムに暮らしのくふうを投稿しています。

ヨムーノメイトの紹介はこちら:
https://www.o-uccino.jp/article/posts/45511

ヨムーノメイト

3.生活誌のプロが編集。ユーザーインサイトを捉え、トレンドをキャッチした良質な記事

ヨムーノを企画・運営する株式会社オウチーノは、15年以上住まいのポータルサイトを運営しています。ユーザーの行動データベースや不動産・リフォーム・建築家などのネットワークによって住まいのトレンドをキャッチした企画が生み出せます。
また、ヨムーノ編集長の武田史子は、株式会社ベネッセコーポレーションで20〜40代女性の実売No.1雑誌『サンキュ!』の編集長を務め、読者宅を1,000軒以上訪問。内閣府の少子化社会対策委員、環境省COOLCHOICE有識者会議メンバー、国土交通省住生活月間フォーラム基調講演、パネリストなども経験しています。
経験と実績で、そして何よりユーザーインサイトを知ったスタッフが、ユーザーファーストで安心な記事をユーザーにお届けします。

ヨムーノ編集長 武田史子

ヨムーノ編集長がイチ押し!「2018年トレンド商品ランキング」を発表

ヨムーノが選ぶ「2018年ヒット商品ノミネート21選」と9月から隔週で発表している「ヒット商品ランキング」より、編集長が2018年のトレンド商品を5つ厳選しました。
今年のヒットを生み出した5つの法則とともにご紹介します。

【1位】「マニア」が「#パトロール」で発掘した「おすすめ○選」でヒット!
カルディ「海老」シリーズ

海老のびすく 鍋の素 Peperoncino Sauce ai Gamberi ペペロンチーノソース エビ風味 岡山のB級グルメ えびめしができるソース

編集長コメント:
「100均パトロール」「コストコ歴14年マニア」など、熱狂的なファン(=マニア)がおすすめする商品を厳選した記事がヒットを連発しました。特に、週1〜2回カルディパトロールをするカルディマニアのヨムーノライターが、約40品もの海老グルメから、秋の新作おすすめ5つを厳選して紹介したこちらの記事が好評でした。 情報過多で検索疲れの読者に、「マニアおすすめ○選」と結論をズバリ絞ってお伝えした点がヒットの秘密です。

【2位】インスタ映え+簡単アレンジでヒット!「#ヨムーノメイト」アイデア
カインズ「スキット」シリーズ

カインズ「スキット」シリーズ カインズ「スキット」シリーズ

編集長コメント:
前述のヨムーノ公式インスタグラマー「ヨムーノメイト」が、編集部が出すお題について「おすすめ商品」の「おすすめアレンジ」を投稿。その中から珠玉のネタを編集部が厳選して記事にしています。これが「おしゃれ+実用的=すぐ実践できるトレンド」と大好評。
カインズの「スキット」は”インスタ映え”するおしゃれさと、”簡単アレンジ”の効く実用性を兼ね備え、2018年インスタを中心に大ヒットしました。

【3位】トレンド商品はプチプラじゃなくてもヒットする!
COACH「1万円台ミニウォレット」

COACH kate spade

編集長コメント:
ファッション界では「トレンドはプチプラで取り入れる」派が最近の主流。ところが、今季空前のブーム「ミニウォレット」はちょっと違います。COACHやagnes b.など、プチプラではなく人気本格ブランドのおすすめアイテム記事がヒットしました。
「本当に欲しいもの、必要なものはお金をかけたい」という最近の主婦ニーズ、メリハリ消費を反映させた結果だととらえています。

【4位】低価格高品質「まるで本物」がブームに!
セリア「ボヌール」シリーズ

セリア「ボヌール」シリーズ

編集長コメント:
プチプラ界では、100均ショップを中心に「低価格高品質」の波が止まりません。今年は「まるでル・クルーゼやストウブ!?」なビジュアルのランチポットが大ブーム。機能やデザインが”まるで本物!?”なものは話題沸騰しやすいですね。
人気のあまり「リピ買い(さらに凄いと「鬼リピ」)」「売切れ必至」というキラーワードも続出しました。

【5位】結婚・子育てしても「したいおしゃれ」は変わらない!
ローリーズファーム「2,000円台からのマキシ丈」

ローリーズファーム「2,000円台からのマキシ丈」 ローリーズファーム「2,000円台からのマキシ丈」 ローリーズファーム「2,000円台からのマキシ丈」 ローリーズファーム「2,000円台からのマキシ丈」

編集長コメント:
プチプラファッションといえば、GU、しまむら、ユニクロの3大ブランドが人気ですが、トレンドをすぐに取り入れておしゃれを楽しみたい主婦の間では、「トレンド感&着回し力の高い」ローリーズファームやグローバルワーク、アースミュージックアンドエコロジーなどのブランドに注目が。
最近は、30代向けのファッション記事が、10〜20代にもヒットする傾向にあります。結婚・子育てや年代に関わらず、好きなおしゃれがエイジレス化し、「可愛いものは一生好き!」な傾向が強まっています。

お問い合わせ先

このリリースに関するお問い合わせや取材、資料ご希望の方は下記までご連絡ください。
株式会社 オウチーノ(広報/清水菜保子)
〒105-0003 東京都港区西新橋 3-23-5 御成門郵船ビルディング 6F
<TEL:03(5402)3314 FAX:03(5402)3313 E-MAIL:publicity@o-uccino.jp>
ページTOPへ