O-uccinoおウチのことなら、オウチーノ

企業情報

  • TOP
  • 企業概要
  • トップメッセージ
  • コーポレートガバナンス
  • 企業沿革
  • プライバシーポリシー
  • 所在地・地図

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

 企業価値の最大化を図るにあたり、各ステークホルダーとの関係強化及び経営統治機能の充実を図ることが、当社のコーポレートガバナンスに対する取り組みの基本的な考え方であり、経営上の最重要項目と位置付けております。意思決定の迅速化・活性化、業務執行に対する監督機能の強化、取締役に対する経営監視機能の強化、及び内部統制システムを整備することで、会社の透明性・公正性を確保し、各ステークホルダーへ適正かつタイムリーなディスクロージャーに努めてまいります。

コーポレートガバナンス体制の概略及び当該体制を採用する理由

 当社は社会から信頼が求められる情報メディア事業を行なっており、社会からの信頼を基盤として企業価値が成り立っていると考えております。コーポレートガバナンスは、当社がこうした社会からの信頼を維持していくために必要不可欠なものと認識しております。ステークホルダーの期待に応え、継続的に企業価値を高めていくためには、経営における「執行と監督の分離」が最も効果的であると考え、当社経営陣の監督機関として、取締役会及び監査役会に加え、業務執行に関する重要事項の決定、重要経営事項の事前審査、情報の伝達及び共通理解、リスクに関する検討等を目的にした経営会議を設置しております。また、内部監査機能の充実を図るため各取締役、各事業部門の監査機関として代表取締役直属の組織とした内部監査室を設置しております。